専業主婦でも借りれる

「専業主婦だから、銀行ではなく消費者金融から借りた方がいい」と考える人がいますが、これは、誤った考え方です。

専業主婦が消費者金融のキャッシングに申し込んだ場合、ほぼ間違いなく審査に落とされてしまいます。

ここでは、専業主婦が消費者金融からお金を借りれない理由、専業主婦でも借りれるキャッシングについて説明します。


■消費者金融が専業主婦にお金を貸さない理由とは?

消費者金融や信販会社、クレジット会社のキャッシングに専業主婦が申し込んだ場合、必ず審査に落ちてしまいます。

これは、専業主婦が低く見られているのが原因ではなく、法律によって貸付けが禁止されているからです。

貸金業法という法律では、利用者の年収の3分の1までしかお金を貸してはいけない、という規則がありますので、現金収入のない専業主婦には、お金を貸したくても貸せない状況にあります。

そのため、消費者金融の方が審査に通りやすいだろう、という理由で消費者金融に申し込むのが一番危険なことだということになります。


■貸金業法が規制している業者は?

貸金業法を守らなければならないのは、貸金業者です。

貸金業者は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などのことですが、これに銀行は含まれていません。

つまり、専業主婦がお金を借りられる可能性があるのは、消費者金融や信販会社ではなく、銀行のカードローンということになります。

銀行カードローンの中には、「本人に安定した収入があること」を申込み条件にしている場合が多いですが、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」など、専業主婦にも融資を認めている銀行カードローンがあります。


■専業主婦はいくら借りれる?

銀行カードローンに申込んだ場合、「専業主婦はいくら借りれるのか?」と気になるかもしれません。

バンクイックに専業主婦が申し込んだ場合、その利用限度額は30万円までとされています。

バンクイックは、専業主婦だけでなく、学生や外国籍の方の利用も認めていますので、審査に不安がある場合にもおすすめてきます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7

最近のブログ記事